痩せボディのための調味料とは✨

こんにちは😊!

岡崎市にある美容室ルーチェの
”顔の筋肉を操り若返りを注入するスペシャリストかすみです😋🌷”

味に広がりをつけてくれる調味料は、
料理時に必須のアイテムですよね!

砂糖・醤油・塩…
さまざま調味料がありますが、
この調味料こそが太る原因
になっているかもしれないこと
知っていますか???(・ω・`)

むしろ調味料にさえ気をつければ、
どんな食材だって、
ダイエット中に我慢せず食べられる料理に
変身しちゃうかも?♡♡♡

今回は、その調味料について
ご紹介します^_^!!!


①塩を摂り過ぎると…浮腫む
②砂糖を摂り過ぎると脂肪が蓄積される

なんてことは皆様ご存知ですよね!

確かにこういったことも太る理由ではありますが、
それよりも怖いことが
“調味料は暴食を呼ぶ”ということ!(◎_◎;)

「甘い物は別腹」
「サラダにドレッシングをかけると沢山食べられる」
「塩っ辛いものと甘い物を交互に食べたら永遠に食べられる」
「居酒屋メニューは食べ過ぎてしまう」

…このようなことを、1度は経験したことがあるのではないでしょうか?

味が濃くて美味しいから食べ過ぎてしまうのだけではなく、もっと奥深くを見てみると、食べ過ぎてしまう原因はその料理達に使われている調味料が満腹中枢の感覚を鈍らせてしまい、過度な食欲を呼んでいるからなのです…(;_;)

では、
痩せてる人がこぞって使う調味料とは?
「ダイエット調味料」
★岩塩・海塩
塩には
①人為的にかなり加工されている“えん”と
②「自然な“しお”」があります。

一般的に言われている「減塩(げんえん)」は“えんを減らす”という意味です。

つまり、自然なお塩であれば過度に減らす必要もないのです✨

むしろお塩が体に足りていないと
①新陳代謝が低下したり
②筋肉が衰える原因になるので
ダイエットにも悪影響なんですよ!

「岩塩や海塩」は、現代が不足していると言われている”ミネラル”が豊富であるため、料理に使用することで、ミネラル不足を防ぐこともできるのでオススメです😊
★甜菜糖・蜂蜜・黒糖
砂糖のような甘味料にもさまざまな種類があります。
日本で多く出回っているものといえば
①「白砂糖」ですが、この白砂糖は先程お話した“えん”と同じもの。人工的に加工がされているため、体によいものとは言えません。体も冷えやすくなるため女性の美容にも悪影響。
→甘味料には「甜菜糖・蜂蜜・黒糖」などの、自然なものを使用することで
①血糖値の急上昇が穏やかになり、
②脂肪になりにくい食事
をすることが出来ます🎵
また、甜菜糖には体を温める効果もあるので冷え対策にもオススメです✨

他にも
★ブラックペッパー
料理にスパイスを加える時はオススメです!
①体を温めて活力をアップさせてくれ
②脂肪燃焼をスムーズにするのにも効果的。
③血行をよくし
④筋肉痛を和らげてくれる効果
も期待できるので、ダイエット時の運動後にもオススメです😊

★コリアンダー
中国では昔から薬としても使われているほど、健康によいとされているコリアンダー。とても風味が強いので料理の味のアクセントになります。
①過度な食欲を抑える効果
②消化力を高めてくれるので
ダイエット時にとてもオススメ!
③鉄分を多く含むので貧血になりやすい生理中にも嬉しいですね😊

★マヨネーズ
意外とマヨネーズもダイエット向きな調味料。
高脂肪ではありますが、GI値は低めなのでダイエット時に過度に抜く必要はありません。
むしろ油の代わりとして炒め物をする際に使うと、料理のカロリーを大幅に下げることもできます‼️✨
気になる方はカロリーハーフのマヨを使用したり、マヨネーズにヨーグルトをちょい足ししたりと工夫することで、更にダイエット向きな調味料になりますよ♡

★ワインビネガー
料理に酸味を加えたい時はワインビネガーの使用がマストですね!
体によいとされるお酢ですが、意外と“米酢”は糖質が高くダイエット時には不向き。
ワインビネガーは酒石酸をたくさん含んでいるので整腸作用を期待できます! ダイエット時に起こりがちな便秘にも効果的ですよ😊
調味料にこだわれば“食べ痩せ”も夢じゃない…かもしれませんよ♡♡

徐々に体によい素材の調味料にシフトしていくことで、1年後2年後の体に違いがでてくるはずです🌸
食材を生かすか殺すかは調味料次第…!
今回紹介した調味料は料理の旨味もアップさせてくれるものなので、ぜひ1度試してみてはいかがですか〜?❤️

 

美容室、美容院、ルーチェ本店 http://hair-luce.hp4u.jp/ [岡崎 ヘッドスパ]→検索

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です