化粧品の裏の”カタカナ”が怖い!!保湿剤編②

こんばんは

岡崎市にある美容室ルーチェの
”顔の筋肉を操り若返りを注入するスペシャリストかすみです”

前回まで基礎のスキンケアを
お伝えしてきました^_^✨

今日からはその中に含まれる
主な原料と、その役割の
プチ知識をお届けしようと思います

化粧品の裏を見るとよく書いてある
”カタカナ”。わかりますか?

難しいですよねーー

まずはどんなものでお化粧品や
シャンプーや洗剤が使われているのか
紹介して行きます^_^

今日の議題は
◎保湿剤!!!

皮膚の潤い不足を解消するのに
保湿剤が活躍しますが、

では、どんなものがあるのでしょうか?

最もポピュラーなのは、
◎変質しにくく刺激が少ない
→グリセリン
植物油から作られたものが主に使われています。
◎抗菌作用のある
→プロピレングリコール

◎ブドウ糖やショ糖からつくられる
→ソルビトール

◎真皮にも存在する
ヒアルロン酸にナトリウムが結合した
→ヒアルロン酸ナトリウム

◎NMF(天然保湿因子)の成分である
→ピロリドンカルボン酸塩
→尿素

などがおなじみですかね

あとは大注目しているのが
何と言っても
◎セラミド!!!

これを意識してスキンケアを
見直していただいた方には
やはり実感いただけています✨

もともと肌にあり、
潤いやぷるぷるのあと赤ちゃん肌は
セラミドにかなりポイントが
ありますからね

ただパシャパシャ塗って
とりあえずいまはよし。で、過ごすか

よし、未来の美容の投資の
じかんとお金をかけられたぞ。

と次の世代を楽しみたいか。

一つずつ、どんな役割があるのか。
本当に必要なのか。
一緒に学んで行きましょうね
美肌を手に入れられるかどうかは
あなたの行動次第で変えられますよ
美容室、美容院、ルーチェ本店 http://hair-luce.hp4u.jp/ [岡崎 ヘッドスパ]→検索

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です