季節によって太る原因がわかっていれば怖くない!

こんばんは♩

【顔の筋肉を操り若返りを注入するスペシャリストかすみです😋🌷】

その時期によって、太りやすくなる原因が変わるんです!!

 

最近太った!の原因は静かに蓄積する

”浮腫”です。

 

そので、季節によるむくみの原因などを

しっかり理解した上で対策法なども

お伝えしていきたいとおもいます(^^)

 

浮腫みやすくなる原因❶
自律神経が乱れやすくなる為
春の暖かく過ごしやすい気候から

急に一転する事で

身体にさまざま悪影響が現れます。

梅雨は気圧が低くなるので

自律神経のバランスがとりにくくなる

といわれています(´・_・`)

自律神経が乱れてしまうと、

体温調整がうまく出来なくなり、

ダルさがでたり、浮腫みの原因になるんです(´Д` )

 

浮腫みやすくなる原因❷
湿度が高い事で水分代謝が乱れる為】
身体は汗をかく事で体温を調整をしますが

梅雨の時期は湿度が高く、

外の空気が湿っている為、

汗が皮膚の表面から蒸発しにくくなります。

これが原因で体内の熱がうまく発散できず

水分代謝も乱れてしまい、

浮腫みを引き起こしてしまうのです。

 

 

そして、

汗や、唾液、排泄や、体温調節など…

普通に過ごしているだけでも

1日に1.5~2Lほどの水分が抜けていきます。

 

なので、そしめ、1.5〜2L摂取すると

美容や健康に良いと言われています💡

 

ただ前回お伝えしたように、

同じ2Lでも摂取の仕方で

水太りの原因にもなるんです😵

梅雨の時期はとくに体内に水分を溜め込みやすいので

摂取方法を気をつけるべきなのです💡

 

体内に吸収できる水分の量は

決まっているので、

小まめに少量ずつ飲みましょうね。

 

小まめに摂取する事で水分代謝の乱れを改善できますよ😍👍🏻

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です