あなたの売っているものはなんですか?

わたしの仕事は
その方の人生の中で1回でも多く、より素敵な笑顔を増やして頂くことです。

そのための手段としてわたしは美容を手段として提供しています。

実際の内容は
①スキンケアだけではなく、肌と関わる体内環境や筋肉からもアプローチするエステを提供しています。

②肌は心を映し出す鏡です。その為の気持ちを和らげる花の提案をしています。

(③顔が綺麗になっても、髪がボサボサでは未完成。そこはルーチェのライフスタイリストが綺麗にします。)

エステティシャンであれば、売り上げの目標を立てることが多いです。
達成しなきゃと視野が狭くなってしまう人も多いと思います。お花もそうです。

もちろん売り上げはすごく大切ですね。

売り上げがなければ気に入って来てくださっているお客様を迎えるお店を構え続けられないからです。

そして、自分自身の生活もあります。

でも、本当にあなたが売っているものは何ですか?

売り上げを上げるための化粧品の販売ですか?

売り上げを作るための新しいコース契約ですか?

お客様に来店周期を早めて頂いて継続契約をしてもらうことですか?

もちろん、知識や技術も必要だと思います。
結果を提供するための適切な来店周期も、ホームケアもすごく大切なことです。

もちろんお金を頂いている以上、結果としてより提供したいと思うのは当たり前のことですしね。
すごく大切だと思います。

でも、その大切な内容を伝える時、考える時、どうしてそれを伝えるのか、売り上げではない、”意味”や”必要性”を必ず忘れずに伝えることと、自分自身も忘れてはいけない思います。

わたしもあります、月末になるとあと〇〇万だよ。と言われたこと…m(__)m

いつも支えてくれてアドバイスを下さる先輩の期待に応えたい。と思う気持ちでがむしゃらになることもありました。

でもわたしの伝えることを素直に聞いてくださるお客様を目の前にしたとき、ふと胸が苦しくなったことがあります。

自分の売り上げのためにいまわたしはこの方にこれを進めたんじゃないか。と思った瞬間がありました。。。

わたしがエステティシャンになりたいと思った理由は人の笑顔を見たいから。

その理由で初めた仕事なのに、いま売っているものはわたしのやりたかった仕事じゃない。

あなたもきっと分からなくなる時、あったと思います。いままさに直面している人もいると思います。
そんな方がいたら、一度立ち止まって考えて見てください。

①自分の仕事は何だろう。

②何を売っているのだろう。
出た答えを忘れずにもう一度いまの仕事と向き合ってみてください。
もしかしたら違う道がひらけて、さらに仕事が楽しくなるかもしれないですよ^^

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です